【売り注目銘柄 】出前館(2484)

お疲れ様です。

以前から出前館の月次経営指標をチェックし、そこから売上などの予想を立てていたのですが、昨年末に1Q分の決算が出たことや、12月分の月次経営指標に興味深い数値が出てきたので、参考までに記載しときます。

11月に出した私の1Q予想は以下の通りでした。

その後、12月26日にでた1Q決算の売上は18.17億円

おおよそ一致したものの、思っていたより多かった印象です。

市場は織り込んでいたのか、株価はほぼ横ばいの推移。

その後、年を明けて1月10日に12月分の経営指標が出ます。

毎年12月はオーダー数が多く、前年同期比も130%以上でした。

それが今回約106%。過去27か月で最も低い前年同期比となりました。詳細は以下の通りです。 ※タイポの可能性がありますので数値が気になる方は自身でもお調べください。

この伸びの鈍化が一時的なものなのかが今後気になるところ。今後1月も2月も110%を超えないとなれば、成長鈍化と思われかねない状況と思料。

上記表の赤字部分は私が勝手に仮置きしているものです。115%で成長とみても、今期売上は83億円程度と予想。今期会社予想の93億には届かない。

よって、12月の前期比約106%は痛い数値だと思うし、これが続くのであれば下方修正の可能性もあると考えてます。

ちなみに、今期の会社予想利益は16億円の赤字予想。前期は約1億円の赤字でした。赤字にも関わらず時価総額は430億円以上あり、PBR16倍と高めなのはやはり成長を期待されているためだと思われます。

PERで見る場合、現在赤字予想なので算出は難しいが、過去の売上高利益率より、もし事業投資せず益出しすれば10億円近い利益を出せると考えているのでその時のPERは43倍程度とみている。よってPERでみてもそれなりの成長が織り込まれていると考えており、今後の成長率鈍化が顕在化した場合には時価総額が減少すると予想。

よって出前館は過去のオーダーにおける前期比データが徐々に減少していることから、売り目線で見ている。

以上。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする