スルガ銀行について

お仕事お疲れ様です。

今日は最近不適切融資で話題のスルガ銀行(8358)について、元銀行員の視点から感想等記載します。最終的に株価に関する私見も記載します。なるべく平易に分かりやすくお伝えします。

最初に今年の初めぐらいに話題となった発端は、スマートデイズという不動産会社が運営する ”かぼちゃの馬車” (女性専用シェアハウス)のオーナーへの不適切融資から始まります。本件については、かぼちゃの馬車というシェアハウスに住んでいる入居者不動産会社のスマートデイズ、そしてローンを抱えたオーナー、そして銀行と登場人物が多く、金融よくわからん…って人には難しいですよね。よって以下が簡単にお金の流れを記載したスキーム図です。

一般的なイメージは入居者さんが家賃を払い、その家賃が大家さんのお財布に入る。

そして大家さんはシェアハウス購入時に銀行から元手を借金しているので、利息と元金を少しづつ返済する。そこまではイメージつきますよね。

でも上のスキームには不動産会社が途中で入ってます。これは何をしているかというと、大家さんの家賃を保証するために間に入ってます。大家さんにとっては入居者さんが将来も住んでくれるか不安なのです。最初は入っていても、時が経ち建物が古くなれば入居者は減りますし家賃相場も安くなり、収入は減ります。その大家さんの不安を解決すべく、不動産会社が間に入り、”家賃保証してあげるよ!””将来入居者少なくても一定のお金が入るようにするから安心だよ!” という仕組みになっているわけです。

もちろん、そんな美味しい話があるわけはなく、家賃保証するといっても保証する賃料の見直し(減ることが多い)があるし、不動産会社もプロですから自分たちが損するような家賃保証をするわけないのです。詳しく知りたい方はマスターリースサブリースなどでググってみてください。

上記仕組みを理解したところで、どうなるとヤバいことが起きるか記載します。それは入居者が入らないことです。家賃が入ってこないので、まずスマートデイズの不動産会社の資金が減ります。そのうち大家さんへの家賃保証の支払いが滞ります。そうすると大家さんは家賃保証の分でローンの残債と利息を返していた場合、返済原資がないので返せなくなります。

これだけ見るとみんな被害者に見えますが、一番の被害者は大家さんです。ちなみに大家さんをかっこよく今風に言うと不動産投資家です。今回も所有するだけで副収入が得られる、ということで物件購入に踏み切るサラリーマンが多かったようですね。

不動産会社やスルガ銀行についても損失を被ってはおりますが、不正をして大家さんに過度な借金をさせていたという疑惑があります。まだ細かい不正は分かっていないが不動産会社は借入希望者の書類の改ざん。また、スルガ銀行についても審査基準を不動産会社に伝えたりしてグルになって借入希望者に無理な融資をしていた疑義がかけられてます。

私自身も一時、銀行の審査部にいたことがあり、債務者(借入者)の管理等をしてました。銀行が債務者を見る指標の一つにDSCR(Debt Service Coverage Ratio)というものがあります。平易に言えば家賃収入÷元利返済金でこれが1を下回ると家賃収入で元利返済できないことから、債務者は貯蓄を取り崩すことになります。銀行としてもお金が返ってこないと困るので債務者のDSCRを把握し一定の値を下回ると要注意先破綻懸念先などとランク付けし、信用度をモニタリングしておりました。ちなみに悲惨な人は銀行に対して返済ができないことに加え、固定資産税などの税金も払えなくなり、自宅やその他資産が差押えされます。ここを見てるピヨピヨ投資家様、儲け話の甘いささやきにはくれぐれも気を付けてください。ちなみに本件 ”かぼちゃの馬車問題” では亡くなった方もいるみたいです。 かぼちゃの馬車問題 自殺者まで

さてここでスルガ銀行の不適切融資に関することについて、さらに踏み込みます。まず融資についてですが、現在疑惑として報道されているのがダミー会社を使った融資です。

なにそれ…って話ですが、詳細報道は以下の通りです。

スルガ銀行 ダミー会社で融資拡大

要はスルガ銀行内で ”このABC不動産会社、なんか怪しいから融資ダメ!” って言われていたのに、スルガのフロントは ”いや今回はXYZ不動産会社の案件です” って行内の審査をすり抜けていたみたいですね。(XYZ不動産会社はダミー) これについてはミドルの審査部門が本当に気づかなかったのか、またはフロントに忖度してわざと見て見ぬふりをしたのか…これは闇ですね。ただ以下の記事を見ると後者ではと疑ってしまいますが。

スルガ銀行 審査より営業強い

一旦、横道反れますね。事業会社は分かりませんが、銀行ではフロントミドルバック管理部門というのがあります。フロントは収益部門です。イメージは営業部隊。イケイケな彼らはとにかく銀行と給料のためにお金を稼ぎたい。ミドルは審査など銀行内のリスクを管理する部門です。比較的おとなしい人が多い気がします(笑)また、イケイケドンドンのフロントに対して待った!!をかけるのがミドルです。バックは事務部隊だと思ってください。ですので案件にもよりますが、概ね案件の決裁の回り方は以下の通りです。

フロントミドルバック頭取フロント、バックが実行ミドルがリスク管理

管理部門は人事や総務などです。力関係はフロント>ミドル>バックのところが多いと私は思いますが、行風によっても違うのかもしれませんね。

話を戻します。

不適切融資がどのくらいあったかという第三者委員会の試算では1兆円程度とのこと。スルガ銀行の融資総額は3兆1500億円で、このうち投資用不動産融資は約2兆円。融資総額の3割超、不動産融資の半分程度が不適切に実行されていたとのこと。金額大きいですね…。

スルガ銀、不適切融資1兆円 書類改ざんなど

さて、上記だけでも大問題ですが、別件で他にもあります。

スルガ銀行 顧客の預金不正流用

これはスルガの行員が2015年から今年6月の間で起きたことみたいですね。お客の定期預金を勝手に解約して融資に回すって…これもかなりびっくりです。どのような管理体制をしてたらこんなことができるのか謎です。 先日、私と銀行の審査部のメンバーと飲んだ時もこの話になり、スルガ銀行はどんなコーポレートガバナンスしているのかと話題になりました。銀行で定期を解約するにも基本はお客の印鑑が必要ですし、解約時に支店長や事務のチェックもあります。また、出したお金を他の口座に入れる作業もあります。基本的に一人で解約するのは不可能なんですよね。これについてはどうやって実行したのか謎です。

もう一つ、今年8月に出てきたスルガ銀行のニュースです。

スルガ銀、暴力団員に住宅ローン

これも事実ならまずいですね…。銀行で仕事していると顧客や取引先が絡むアクションを起こすたびに反社チェックネガティブチェックをします。雑誌の購入をするだけでもチェック!絶対反社じゃないでしょ…という先(政府系機関など)でもチェックします。それぐらい反社会的勢力には敏感になって仕事をしてます。事実なら審査体制を厳しく問われるでしょう。みずほ銀行は以前、反社に融資して一部業務の停止命令を受けてます。

これらのことを含め、スルガ銀行の株価について私見を記載します。

まず2018年8月23日現在の株価は563円時価総額約1306億円ですが、今後売りか買いかと言ったら、私はまだ買うには早く、売りではと思ってしまいます。

これだけの不祥事ではまだ何かネガティブなニュースが出てくる可能性が高いです。

今月いろいろ明るみになりましたが、今月の株価の下落率は約45%下落となっております。

ただ、下落率だけ見ててもわからないので、8月9に出た直近の短信を簡単に見てみましょう。

スルガ銀行 1Q決算短信

これ見ると、内容が微妙ですね。まず今期の予想利益を大幅に増益で置いてます(対前期比257.7%) 今の状況で本当にここまでの着地ができるのか私は疑わしいと感じてます。なぜなら、1Qの実績(当期利益)がたったの31.6億円進捗が12.6%しかないです。理由もシェアハウス関連融資の影響が響いているとのこと。また、現在のスルガ銀行のPERは約5倍。PBRは0.3倍と割安だと思う方もいるかもしれません。ただ、これはあくまでも対前期比257.7%の250億円の利益を出してPER5倍です。実績ベースで推移した場合、PERは10倍を超えてきます。ちなみにそれでも安いと思う方は銀行株のPERとPBRを見てみてください。PERが一桁、PBR1倍割れが意外にあります。業績が良い三井住友FGでもPER約8倍、PBR約0.5倍です。

以下スルガ銀行の直近1Q短信のまとめです。

今後予想通りの利益250億円は正直今の状況では厳しく、下方修正の可能性も否めない気がしてます。スルガ銀行の行員は普段通り業務をしようとしても、本件不祥事の対応に追われているでしょうし、金融庁がスルガ銀行に対して一部業務停止命令を検討しているとの報道もありました。

スルガ銀行 金融庁が一部業務停止命令検討

今回、役員はもちろん、審査部門や不適切融資を行った不動産関連部署は本件対応に追われているでしょう。また、今回の事件でもう一つ対応に追われている部署があると思われます。それは資金繰りを行う部署です。銀行には必ず資金繰りをする部署があります。お客さんの預金や会社への融資、マーケット部門での運用の資金など、資金の入りと出をきっちり管理し、円資金を日銀の当座に置いてます。正直今のような状況ですと個人のお客さんのお金は流出しているでしょうし、既存の融資は無理やり貸しはがすことは難しいので、どこからか流出した分のお金を取ってこなければならない状況になっていると思います。もちろん、内部ではこうなることを見越して長めに資金を手当てしていることも考えられますが、予想外に預金が出て行ってしまった場合、結構大変なのではと思ってしまいます。恐らく定期の金利を上げても預金は期待できないですし、市場性の資金調達(コールマネーレポ取引など)も足がはやく、カウンターパーティからクレジットラインを絞られて、思うように資金調達できない気がします。もちろんそれらがダメでも日銀に担保を差し出して資金調達(補完貸付制度)するという方法もありますので、スルガ銀行の流動性がなくなり、資金がショートするということはないと思います。いずれにせよ調達コストが下がることはないでしょうし、資金繰りの部署の人は大変でしょうね。変な話ですが金融緩和で円がジャブジャブの今の時代にこのようなことになったことはスルガ銀行にとって不幸中の幸いかもしれません。

話がやや横道それましたね。要は現在スルガ銀行は普段通りの業務を行える体制になく、調達コストも微増するとなれば、今期の予想利益達成は難しいのでは…という私の勝手な予想です。加えて、今後新たに不正が明るみになり、賠償や損失の補填、貸倒引当金の増加などよってコストが発生すれば状況はより悪化します。

現在溜まっている空売りの買戻し等、需給で上に跳ねることはあるかもしれません。一方、ファンダメンタルで考えると現在の株価水準はあくまでも予想利益が達成できるのであれば、割安だが、下方修正してくるなら現在の水準は短期の目線では特別割安とは言えないと私は考えます。また、報道されている1兆円近い不適切融資について、発生する不良債権は意外と少ない可能性があります。根拠は今期の予想利益です。あの強気の予想利益から察するに、不適切な処理をした既存融資が焦げ付きまくってるという状況ではなく、不適切な融資に変わりはないが、意外にうまく回っている案件が多いという可能性もあります。そうであれば長期的に見た場合、現在の株価が割安だというシナリオも考えられる。いずれにせよ今後の報道やプレスリリース、決算に要注目です。この案件については大きなリスク覚悟の余裕資金で勝負し、無理な手出しは無用と思料。

以上はあくまでも私の私見です。参考までに。

最近の私の運用についてはネオス(3627)が躍進し、利益も20%を超えてきたので一旦、売却しました。また下がればinしたいです。いずれは4桁に行き、時価総額も100億円を超えてくる気がしてます。2Qに期待ですね。先日お話ししたトレンダーズ(6069)トレードワークス(3997)はまだ少ししか跳ねてないので継続保有です。夢の街創造委員会(2484)は今月に優待の権利付き日があり、ショートのタイミングを狙い継続的に監視してます。

追記

過去に記事にした注目銘柄の投資パフォーマンス(含み益or損&確定分を含む)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

日本海洋掘削(1606) 空売り 記事記載日6/26

リターン:+94%(買戻し済み)

過去記事↓

6.12 海洋掘削空売り

6.23 海洋掘削逆日歩

6.25 海洋掘削値動き

6.26 海洋掘削買戻し

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

幸楽苑HD(7554) 空売り 記事記載日6/13

リターン :+6%(買戻し済み)

6.13 幸楽苑空売り

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

日本M&Aセンター(2127) 買い 記事掲載日6/14

リターン:-15% (売却済み)

6.14 日本M&A買い

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

田淵電機(6624) 空売り 記事記載日6/19

リターン:+55% (買戻し済み)

過去記事↓

6.19 田淵電機空売り

6.27 田淵電機ADRについて

6.28 田淵電機買戻し&株取引について

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

オリックス(8591) 買い 記事掲載日6/20

リターン:-3% (売却済み)

6.20 オリックス買い

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

鉄人化計画(2404) 空売り 記事掲載日6/30

リターン:+6% (買戻し済み)

6.30 鉄人化計画空売り

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

夢の街創造委員会(2484) 空売り 記事掲載日7/4

リターン:+3% (買戻し済み)

7.4 夢の街創造委員会空売り

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ブイ・テクノロジー(7717) 買い 記事掲載日7/10

リターン:-3% (売却済み)

7.10 ブイ・テクノロジー買い

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

エーザイ(4523) 空売り 記事掲載日7/12

リターン:+4% (買戻し済み)

リターン:+19% (買戻し済み)

7.12 エーザイ空売り

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

フィンテックグローバル(8789) 買い 記事掲載日7/17

リターン:+3% (売却済み)

7.17 フィンテックグローバル買い

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

記事掲載日7/24

アイケイ(2722) 買い

リターン:+1% (売却済み)

エスプール(2471) 買い

リターン:+3% (売却済み)

串カツ田中HD(3547) 空売り

リターン:+2% (買戻し済み)

ネオス(3627) 空売り

リターン:-3% (買戻し済み)

7.23 複数銘柄の売買掲載

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ネオス(3627) 買い 記事掲載日7/24

リターン:+21% (売却済み)

7.24 ネオス買い

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

記事掲載日8/20

トレードワークス(3997)買い

リターン:+1% (継続中)

トレンダーズ(6069) 買い

リターン:-3% (継続中)

トレードワークス(3997)、トレンダーズ(6069) 買い

以上




ツイッターでも色々つぶやいてます
 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. kawase より:

    いつも楽しく記事を読ませて(勉強させて)いただいております。
    とくに今回のスルガ銀行に関する内容には興味津々!!!
    さすが元銀行員ですね、視点が面白い。

    今回のように読み応えのある記事を
    毎回アップされるのは大変かと思いますが頑張ってください!
    もしブログが有料にっても登録させていただきます(^_^)

    kawase

    • ニ~ノ より:

      ご連絡ありがとうございます。
      そうですね。ネットに色々な記事がありますが、
      銀行員から見てどう思うのか、内部ではどんな様子になっているのかを簡単に書いてみました。
      興味持っていただけたら幸いです。
      有料化の予定はないので無料でじゃんじゃん読んでください。
      今後ともよろしくお願いいたします。

  2. すたでぃ より:

    ニーノさんこんにちは。いつもお世話になっております。ますます素人にも分かりやすい内容にしてくださってる感があります。「みんピヨ」の記事は印刷して1行1行精査(勉強)、活用させてもらっています。さすがに対数収益率の記事等、完全理解するには未到達なものも多々ありますが・・プロのご意見に感心するばかりです。私も有料記事でも読みたいと思える内容なのに、無料で良いのだろうか?とすら思います。告知されている「良いサービス」というのも非常に気になります。今後も更新を楽しみにしております。またコメントさせて頂いた際には宜しくお願い申し上げます。

    • ニ~ノ より:

      すたでぃさんお疲れ様です。
      先日に引き続きメッセージありがとうございます。
      プロな方は世の中にもっとたくさんおり、私なんぞまだまだです。
      勝ってるのは個人投資家の役に立ちたいという意気込みくらいです笑。
      活用いただけるだけで幸いです。無料で頑張ります。
      今後ともよろしくお願いいたします。

      みんピヨ

  3. as999c6248 より:

    こんにちは。田淵電機の空売りと買い戻しではお世話になりました。
    私は田淵の件の前から、ここを空売りしております。(徐々に増やし、現在は全力売り)
    ズルガ銀行の掲示板では、以前から逐次、詳細な分析やレポートがなされております。
    銀行内部の体制や業務については一休さん(元銀行の審査担当上席)・Madさん(元証券アナリスト)、不動産業の視点では二重丸さん(現役の不動産屋)、ズルガ銀行と裏社会との関係についてはYOU山先生(元長野市役所勤務)、そのほか多士済々のメンバーがおられます。今回、CAMPさんの分析も加わり、ますます厚みが出るでしょう。
    ぜひ、その皆様の過去の投稿をお読みのうえ、続編を掲載していただけると、ありがたく思います。どうぞよろしくお願いします。
    なお、今後のポイントは、既に4月から検査に入っている金融庁が、いつどのような形でのソフトランディングを図って処断を発表するのか、です。いえ、自力再建はおろか救済合併もあり得ないはずです。既にタコ足配当は公然の秘密と化し、債務超過に陥っている恐れもありますし、2Q決算そのものを発表できない危険もあります(過去の決算も粉飾疑惑が語られるほどで、たぶん現状を正確に把握できていないかも)。公的資金注入は世間の反発を呼び、安倍三選が消えます。債権譲渡が難しいとすれば、事業譲渡ならできるのでしょうか。結局は「すり身」のうえ「切り身」かな、と思いますが、いかがでしょうか。

    • ニ~ノ より:

      お久しぶりです。
      変わらず、よく情報収集されていますね。
      色々な専門の方々の意見もあるでしょうが、私は今後株価は下がるとは思いますが、下値は限定的で、スルガ銀行がデフォルト懸念が出る水準まで落ち込むとは考えていないです。(株価が2桁になる等の水準です)
      理由は記事に書いているとおりです。ただ、現時点で出ている情報を勘案してのお話ですので、どう転ぶかは不明ですね。
      as999c6248さんは以前より注目されショートを実行されていたとのことですから、私より保有情報量も多いと思いますが、
      個人的な意見としては記事の通りです。
      お互い情報収集に励み、マーケットで生き残りましょう。
      今後ともよろしくお願いいたします。

      みんピヨ