【空売り注目銘柄】 エーザイ(4523)

スポンサーリンク

今日もお仕事お疲れ様です。 最近暑いですね。お体ご自愛ください。

さて、普段は短期取引をあまりブログに載せないのですが、興味深い案件があったので私見を記載したいと思います。

2018年7月12日現在、ショートサイドにて注目しているのが…

エーザイ(コード4523)です。

事業内容は医薬品の研究開発、製造、販売および輸出入。認知症薬、抗潰瘍薬を世界展開。米MGI買収でがん関連分野にも注力しているようです。

今回ショートで注目している理由は決算などの細かい企業価値に関する事ではないです。単純に最近エーザイが出したニュースリリースの内容が直接利益に結びつくのか不透明な状態なのに、株価が先行して上昇し、時価総額が短期間に膨らみ過ぎているためです。そして膨らんでいる額が巨額です。今回、日経平均株価への寄与度が大きい大型株がストップ高になるのは珍しいことですね。

ちなみにこのような話は新興市場ではよくあります。何かポジティブな材料が出て、株価が2桁%上昇するなんて日常茶飯事ですよね。一方、その時の時価総額の増え幅に注目すると、実はその銘柄への資金流入量はたいしたことなかったりします。それは発行済株式数が少ないことや、株価が低位だったりすることに起因します。

例として、新興市場上場で株価が250円の銘柄が50円上昇したら、株価は20%の上昇です。一方、発行済み株式数が1,000万株だとしたら、時価総額はわずか5億円(50円×1,000万)増えただけです。 新興市場で値動きに夢中になっている投資家は上昇率に注目して興奮してますが、実は資金流入の波はたいして高くないわけです。

一方、今回のエーザイは東証1部。2018年7月12日現在でエーザイの発行済株式数が約2億9,656万株で、1株10,760円の値嵩株。時価総額は約3兆1,911億円。国内全市場でTOP50に入る時価総額となっております。

ちなみに、つい5営業日前の7月5日の終値ベースで計算した時価総額は約2兆2,853億円

ここ5日程度でエーザイは約9,057億円分時価総額が増えたことになります。先程例に挙げた新興市場とは規模が違いますね。ここ数日で短期間に流入した約9,057億円という金額のざっくりしたイメージですが…

マツダ(7261)の時価総額は2018年7月12日現在で約8,368億円

NEC(6701)の時価総額は同じく約7,639億円

大企業の1つの時価総額と同じくらいの額です。

というわけで、時価総額ベースで大企業を1つ買えちゃうぐらい資金流入する材料とは一体何か…という話ですが、

材料はアルツハイマー病に対して疾患修飾効果があると思われる薬の実験がうまくいき、画期的な結果を得たとのことです。(以下、本件ニュースリリース詳細)

7月6日 エーザイ ニュースリリース

もちろん内容自体とても素晴らしいことですし、患者様はもちろん、私にとっても両親や自分がアルツハイマーになる可能性はあるわけですから、このような実験がうまくいくことはありがたいことです。

ただ、投資家として頭を切り替えてみるとこの材料は9,000億円分の企業価値上昇とみるには微妙な材料だと思いました。約9,000億円分の企業価値が上がったわけですから、それ相応の利益をエーザイにもたらす内容であれば妥当だと感じます。例えばアルツハイマーの特効薬ができたとか、改善薬だとしても既に臨床を終え、厚生労働省の承認を得て、販売を始める体制にある等です。

上記のプレスリリースの内容にある通り、疾患修飾薬と書いてあります。疾患修飾薬とは疾患の再発率を抑制したり,進行を遅らせたりする作用をもった薬剤のようです。

つまりアルツハイマーの特効薬や、事前に予防できるような薬ではないようです。

また、臨床にもフェーズがあり、今回は第Ⅱ相試験のようです。この後第Ⅲ相試験があり、さらにその後に厚生労働省の承認もあるはずです。以下にエーザイが出している治験についての各ステージの詳細です。

エーザイ 治験とは?

つまりまだ試験や役所の承認もあり、すぐに売上につながる案件ではなさそうです。

ちなみに、以前日経新聞が出していた記事です。我々が安全に薬を飲めるようになるのはとても難しいことみたいですね。

新薬開発 発売できる確率2~3万分の1

次にもし仮にトントン拍子にうまくいき、実際に各国で発売されたとしましょう。

先程の薬で利益が出たとしても、本件プレスリリースの下方ある通り、エーザイとバイオジェン・インクで利益は折半のようです。

エーザイは本件の実験結果から既に約9,000億分の時価総額が増えたわけです。この約9,000億分を本件の薬販売による利益で賄うとすると、凄い粗い計算ですが18兆円くらいの売上収益が必要だと私は計算しました。(エーザイの直近の決算での売上高当期利益率は約10%)

最後に直近5日間の上昇における、価格帯別出来高ですが、10,600円以上で結構出来高があり、高値圏にしこりがあります。よって10,600円台から一定額下落すれば値嵩株ですから、損失額は大きく、早めの損切を入れてくることが想定され、下落圧力を期待できそうです。

以上より、販売までの道のりが長いことや、販売後も天文学的な額の売上を出していかねばならないことを考えると、間違っているのは株価水準であり、資金を投じている投資家だと私は考えます。よって近い日にこの株価が修正されていくと考え、ショートを実行しました。

以上が私の私見です。数字周りが心配な方はご自身でご確認お願いいたします。

追記

過去に記事にした注目銘柄の投資パフォーマンス

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

日本海洋掘削(1606) 空売り 記事記載日6/26

リターン:+94%(買戻し済み)

過去記事↓

6.12 海洋掘削空売り

6.23 海洋掘削逆日歩

6.25 海洋掘削値動き

6.26 海洋掘削買戻し

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

幸楽苑HD(7554) 空売り 記事記載日6/13

リターン :+6%(買戻し済み)

6.13 幸楽苑空売り

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

日本M&Aセンター(2127) 買い 記事掲載日6/14

リターン:-15% (売却済み)

6.14 日本M&A買い

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

田淵電機(6624) 空売り 記事記載日6/19

リターン:+55% (買戻し済み)

過去記事↓

6.19 田淵電機空売り

6.27 田淵電機ADRについて

6.28 田淵電機買戻し&株取引について

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

オリックス(8591) 買い 記事掲載日6/20

リターン:-3% (売却済み)

6.20 オリックス買い

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

鉄人化計画(2404) 空売り 記事掲載日6/30

リターン:+10% (投資継続中)

6.30 鉄人化計画空売り

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

夢の街創造委員会(2484) 空売り 記事掲載日7/4

リターン:+4% (投資継続中)

7.4 夢の街創造委員会空売り

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ブイ・テクノロジー(7717) 買い 記事掲載日7/10

リターン:-3% (売却済み)

7.10 ブイ・テクノロジー買い

※ブイ・テクノロジーは米中通商問題が落ち着いたら買おうかと思っていたのですが、業績が魅力的だったためフライイング気味に購入しちゃいました。ところが、米国時間の7月10日に追加で2,000億ドル相当の中国製品に10%の関税を適用を発表したためロスカットしました笑  落ち着いたらまた買いたいです…。

以上

ツイッターでも色々つぶやいてます
 

美味しい物が好きな方はこちら ↓ 
飯テロ (っ `-´ c)マッ 

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする