日本海洋掘削(1606)についてVOL3

今日は、日本海洋掘削(1606)の上場廃止決定後から2営業日目の商いですね。

前回投稿した記事、日本海洋掘削(1606)についてVOL2 で記載しましたが、今回整理銘柄入りしているため、本日は値幅制限なしの取引でした。前場9時過ぎの板はこんな感じ↓

うむうむ、こんな値段では寄らんだろ…これは前場に寄らなさそう…って思っていたらやはりじりじり気配値が下がるも寄らず。出来高0で後場へ。

後場開始の板はこんな感じ↓

前日、某銀行のトレーダーの友人とラインで、100円ぐらいで寄るんじゃねーかという話をしていたのですが近くなってきましたね… そしてついに!

他の銘柄を監視していて、寄った瞬間を見逃しました笑

見ての通り、13時3分に79円で寄ったみたいですね。

その後は70円台前半~後半を動く展開となってました。デイトレ組が参入し、短期資金が入ってきた感じですね。 そりゃそうですよね…。こんな低位株でよく動けばデイトレにはもってこいです。2円抜いただけでもそれなりの小遣いになります。ただ逆に動いて捕まっちゃうと悲惨ですけどね。私は絶対にしない取引です。現に14時過ぎには60円台に行ってました。

飛びついて佃煮になったイナゴは多そうです笑

というわけで、変に過熱してイナゴタワーができても困りますし、逆日歩がついても嫌なのでここで持っていたショートを解消しました。

ついにお別れですね。

前回6月12日に投稿した記事 【空売り注目銘柄】 日本海洋掘削(1606) のとおり、1,345円で売り建てを6月12日に行い、本日76円で買い戻しました。率に直すと約94%。

利回りは年率で2,100%越え!!  恐ろしい…。

株取引を始めて資金効率的には最も良い投資になりました。

これをもって日本海洋掘削の投稿は終了しようかと思います。

見ていただいた方々ありがとうございました。

追記~

もちろん全てうまくいっているのでは無く、ロングサイドでは引き続きやられてます笑

本日日本M&Aセンター(2127)が4%越えの下落! えぇ…wって感じでしたね。

最近ちょっと思っていたのは、今まで上がっていた高PER銘柄が下落していること…。

保有はしてませんが、右肩上がりだったネクステージ(3186)なんかも9%を超えるかなりの下落でした。

憶測の域を抜けませんが、今日は第一四半期末最後の取引日(受け渡しベースで)。なので決算に備え、益出しをするため、利食い売りをした企業が多かったりするのかもしれません。もしそうなら戻りはあるでしょうから問題ないですね。

心配なのはもう一つ。やはり高PERという点です。当たり前ですが、高収益企業が高PERになる要因としては、投資家の期待をたっぷり織り込んだ先行指数である株価がPERの分子に来ているからです。ですので期待が大きければ、事実(決算の内容)と異なった時、そのショックはでかいです。常に80点以上取る優秀な子が悪いことした時に周りがショックを受けるのと同じですね。不良は悪いことするのが当たり前で、ちょっといいことするとめっちゃ評価されたりしますが笑 というわけで、そのショックはあまり食らいたくないですね。 

というわけでショートサイドでは田淵電機といい、日本海洋掘削といい、うまいことワークしてますが、ロングサイドは弱いですね。ただ、トータルでは勝ってますので、自分自身が大事にしている ”どんな相場でもコンスタントに利益を出す!!” は今のところ実践できているなと思っております。

以上。




ツイッターでも色々つぶやいてます
 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする