日本海洋掘削(1606)についてVOL2

今日は、日本海洋掘削(1606)の上場廃止が先週金曜日に決定し、初営業日でしたが、やはり当然のようにS安でしたね。

14時現在の板はこんな感じ…

売り注文はともかく、98,100株の買い注文があるのが謎ですね。

思いついたのは4点

1点目は下値で買い注文を指していて、放置している投資家。蜘蛛の巣作戦とか私は呼んでおり、株価が下値で引っかかるのをじっと待つ作戦です。ですが、今回の場合は指しっぱなしで外出(旅行!?)したか、指したまま忘れてるのか…いずれにせよ今日の15時は比例配分され、約定が付くでしょうからこのパターンは悲惨ですね笑

2点目は2018年初旬に3,000円以上で空売りし含み益たっぷりなショーターの買戻し。制度信用取引の期間的にもそろそろ期限なはずです。この人達の買戻しなどはありそうです。

3点目は単純に逆日歩を気にしたショーターの買戻し。でも逆日歩は4桁の株価からの下落では、そこまで高額ではなく、これからの下落幅の利益を考えればあまり気にする必要はない気もするのですが…逆日歩については計算方法などを下記の過去投稿に載せましたので興味ある方はぜひ。

日本海洋掘削(1606)について

4点目はリバウンドを期待する買いですかね。とてもこの水準では上にハネそうにないですが…(というかハネたら困ります) 移動平均の乖離率上位に来るでしょうから、値動きだけみて買いを入れる奇特な方がいるのかもしれません。

いずれにせよ最近空売りした方々はまだ買戻しはしないでしょう。

今回Stop安で、値幅制限は300円でした。また、6月22日より日本海洋掘削は整理銘柄となりましたので、明日(6月26日)からは下限の値幅制限なし‼となります。ですので明日がある意味本番と言えるでしょう。値段によっては私も買戻しを入れたいと思います。

明日からマネーゲームが始まりますが、そもそも上場廃止という明らかな下方圧力が働く中でロングでしか入れないマネーゲームに参加するのは、不利ですしお勧めしません。タカタ(7312)を例に、ボラティリティにまみれて利益を狙う投資家が大勢いそうですが、くれぐれもご注意を…。私は今の売り建てを買い戻したら、日本海洋掘削とはお別れですね。

ロングしてた方は継続して成行注文でとにかくぶん投げるしかないですよね。運よく比例配分で今日売却できればいいですね。

私のロングサイドの日本M&Aセンター(2127)や、オリックス(8591)は軟調推移ですね…

日経平均は下がってるといえど、有望な銘柄には資金流入してほしいなと思うんですが甘くないですね。こちらは寝て待ちます。   以上




ツイッターでも色々つぶやいてます
 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする