ファンダメンタル分析とテクニカル分析の優劣

テクニカル分析とファンダメンタル分析の優劣について思うことを記載しようかなと…結論を先に書くと、どちらも性質が違うので両方必要で、どちらも優れている点があると考えてます。

では、そもそもテクニカル分析とファンダメンタル分析って何?って話から。

テクニカル分析で検索すると、マネックスさんのサイトが説明してくれてます。以下引用。

テクニカル分析とはずばり、過去の値動きをチャートで表して、そこからトレンドやパターンなどを把握し、今後の株価、為替動向を予想するものです。チャートは取引(投資行動)の結果としてできたものであり、過去にも似たようなパターンがあれば、将来も同じようなパターンになる可能性が高いと予測します。

上記引用をみて私が思ったことは、テクニカル分析ってチャートで表してからでないとテクニカル分析とは言わないの??っていう疑問がわきました。マネックスさんは、ずばりと書いてあるので代表的なものを挙げただけかもしれません。もちろんテクニカル分析というとチャートのイメージが強いです。

私が思うテクニカル分析の解釈はもう少し広くて、予測や調査の一助として、過去の値動きを分析することだと思ってます。

ウィキにはテクニカル分析とは将来の取引価格の変化を過去に発生した価格や出来高等の取引実績の時系列パターンから予想・分析しようとする手法である。

という記載があり、おぉ!こっちのが自分のイメージとピッタリだ~、と思った次第です。

次にファンダメンタル分析とは…です。同じくウィキから引用。

財務諸表、健全性、経営、競争優位性、競合相手、市場などを分析することである。先物や為替に適用する場合は、経済、金利、製品、賃金、企業経営の全般的な状況に着目する。

以上を踏まえて、それぞれの私のイメージですが…

テクニカル分析

簡単

いい加減なものがある

個人投資家が好む

ファンダメンタル分析

難しい

知的で堅い

機関投資家が好む

というイメージです。

テクニカル分析とファンダメンタル分析のイメージについて、簡単 or 難しいと書きましたが、これは2つの意味があります。

それは分析の難易度に加え、分析をする上で必要となるデータの取得難易度もあります。

テクニカル分析って、価格や出来高のヒストリカルデータがあれば結構な分析ができます。しかも視覚的で平易な分析が多い。

一方、ファンダメンタル分析はBS,PL等の個別財務データや、経済データを必要とするためデータ取得はコストがかかります。また分析も会計やファイナンスの知識が無いと分析できないのでその点も難易度が高いです。

よって、データを揃えるコストや分析難易度から、テクニカル分析は個人投資家に親しまれているのではと思ってます。

次にテクニカル分析がいい加減、ファンダメンタル分析は堅いというイメージについてですが…

テクニカル分析は過去の価格や出来高から作られる指標の多さゆえか、同じ結論を示す似たような指標が複数あったりします。また、指標によっては買いポイントと売りポイントが同時出たりして、分析者によって結論が違ったりするんですよね。(テクニカル概略図

また、テクニカル指標の計算元は過去についた価格や出来高です。よって、後からテクニカル指標を見るともっともらしく見えるものの、直近を見てると後出しっぽい印象を受けます。例えば移動平均は計算上、過去のプライスに引っ張られるので出遅れ傾向(機関の長い平均線は特に)になり、それを基に取引していると後付けで説明されているような感じがしてくるのです。

もちろん、ファンダメンタル分析もどっちつかずの結論が出ることもあります。例えば、ROEと自己資本比率の関係のように、効率性はあるけど、安全性で難ありなので、株は買いか、売りかは投資家次第みたいなパターンですね。

また、ファンダメンタル分析(財務分析)に伴う比率分析等では、テクニカル分析で使う少数のデータ(価格等)だけを使用するということがないため、結論に根拠があるように思います。

また、金融機関で融資など投資前の稟議を書く時は、基本ファンダメンタル分析を基に記述することが多いかと思います。

これらのことから、テクニカル分析はいい加減、ファンダメンタルは知的で堅いイメージが私にはあるのかもしれません。皆さんはどうですかね。

ここまでの流れからすると、私はテクニカル分析を否定してて、ファンダメンタル分析の方が良いのでは…と思われそうですね。難易度の高いファンダメンタル分析の方が取得した時の効果は大きいのではないかと…

ですが、私はどちらも必要だと思ってます。以前はファンダメンタル分析にこだわっていた部分がありましたが、今はテクニカル分析も大事だなと考えてます。

ファンダメンタル分析で株価の裏付けとなる企業価値評価を行い、テクニカル分析では市場の声を聞く必要があるのかなと。

ファンダメンタル分析をした結果、この会社いいな~と思っても、その結果には投資家の期待まで織り込まれてないです。それらは市場でついた値動きを分析することで、ファンダメンタル分析にない部分を補足できることがあり、テクニカル分析も有用と思ってます。

では、機関投資家の方達はテクニカル分析をどう思っているのでしょうか?!少数ですが聞いてみました。

先日メガで運用している友人にテクニカル分析についてどう思うか聞いたところ、彼はテクニカル分析は大切と言うと共に、両方の分析を使うことが大事だと言ってました。また、テクニカル分析は機関投資家の人も結構使っているとのことで、勉強する価値はあるとのこと。

他に、企業価値評価実務に長けている親戚がいるので、お盆で親戚が集合した際に、上記と似た質問をしてみたが、やはり両方使って企業価値評価をしているとのこと。

テクニカルについては私が勝手にネガティブなイメージを持っていたが、思っているよりも機関投資家の人達はテクニカルは参考にしてるみたいですね。

話がやや飛びますが、私が以前に参加した某大手証券会社のセミナーでアナリスト下敷きをノベリティでもらったんです。どんなものかというと、所属する株式調査部全員のアナリストの顔写真と電話番号が載ってる下敷きで、使いどころに困る代物でした(笑) それを見ると、テクニカルアナリスト専属の人が載ってましたね。

というわけで、機関の人達もテクニカルは参考にはしてるということでしょう。

また、テクニカル分析って先程の定義の通り、過去に発生した価格や出来高等の取引実績の時系列パターンから予想・分析しようとする手法ですので、ボラティリティやシャープレシオ、βなんかもテクニカル分析の一部みたいなもんだと思ってます。では、CAPMWACCを使った分析はどっちの分析なんだろうなんて思ったり…。

いずれにせよファイナンスの分野においてもテクニカル分析の一助はあるのかなと思うと、以前抱いていたテクニカル分析に対する胡散臭さは和らぐように思います。

以上




ツイッターでも色々つぶやいてます
 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする