空売りの難しさについて

お疲れ様です。

最近少し暖かくなってきましたね。昨年引っ越しをしたのですが、冬の光熱費が前の家の3倍近くになり驚きました。部屋が広くなればその分熱効率も悪くなるので光熱費がかかるのは当然ですが、正直ここまでとは。最近は暖房する時間を減らせるほどの陽気になり、安心してます。(夏場がまた心配ですが…)

掲示板を見ている方は近況ご存知かもしれませんが、最近株取引の方は順調。

一方、最近こんなことをふと思いました。今後ずっと続けていくなかで、退場する可能性があるとすると何かな…?って考えたんです。

で、今の自分の場合、可能性として一番高いのは空売りではないかな?と思うわけです。買いはすべて現物ですしね。

というわけで、今回は以前から思っていた空売りに関することを少し書こうかと思います。掲題にもある通り、空売りの難しさについてです。友人にはショートがうまいねと言われたことがありますが、個人的には難しいと思ってます。

空売りって何?って方はリンク見てください。平易に言えば、株を借りてきて、売ることで、下落時に利益が取れる手法です。逆に上昇したら損をします。空売りの他の呼び方としては、“信用売り”“ショート” 等があります。

私が感じる空売りの難しさについて、先に結論だけ書くと以下の4点が理由です。 ※ 以下記載のロングとは現物買いを指します。

① ショートができる銘柄は限られていること。

➁ ショートは他のトレーダーからポジションが見えてしまうこと。

 ショートは借り物で成り立つことから心理的な負荷がかかること。

④ ショートはロングには発生しないコストがかかること。

以上4点のことを実戦を通して感じたので、下記にその理由をつらつらと記載します。

以前、学生時代に株をやっていた頃は、学生という身分では信用口座が作れず、現物でロングのみやっておりました。

そして、若いころ、含み損を抱えるたびに、こう思っていたのです。

はぁ~、これがショートだったら全部含み益でしょ?絶対ショートできたら利益出せるわ。

当時はアベノミクスが始まる前でしたので、日経平均は弱く、右肩上がりの相場ではなかったのでそのように思ってもしょうがないのかもしれません。ただ、今思うと、とんだ勘違いだなと思ってます。

また、以下のような急騰したチャートを見る度に、ショートができる人を羨ましく思ってました。

ある程度株をやっている人ですと、上記ようなチャートを見かけたことありますよね。大きな陽線がでて、急騰した形跡。中身としては何かポジティブな材料が出て、短期トレーダー(イナゴ)が群がってできたものか、もしくは仕手筋のような資金力のある大口がぶち上げたものだと思われます。

この陽線を狙ってロングで取りに行く人もいます。まだ初動だ!これから倍になるぞ!みたいな。でも、私としてはすでに高くなっているものを買うのは経済合理的に思えず、あまり乗っかる気になれないんですよね。今後、お祭り終わればどうせ今より下がるでしょ…。みたいに思ってしまうわけです。むしろ高くなっているならショートしたい衝動にかられます。

ちなみにこの初動を見極める怪しい有料セミナーとかありますが、そんなことできるなら人に教えず一人で億万長者になるはずですね(笑)

話を戻すと、このようにイナゴタワーができ始めた時はどこが初動だか分からないし、高いものに乗っかるのは経済合理的ではない。逆に高値になったという事実を確認した後にショートすれば利も大きく取れる。しかも高いものを売るわけだから経済合理的。名付けて後出しじゃんけん作戦だな(*´▽`*) とか学生の頃思っていたのです。

ただ、現実はなかなか厳しいです。

まず、上記のような急騰している銘柄は信用銘柄が多いです。信用銘柄の場合、ポジティブな材料が出た時、ショートの売りが出てこないからか、上昇時の上値が軽く一方方向に偏りやすいです。当然熱が冷めて、売りに傾いた時は買戻しもないため、売り一色でストンと落ちます。ショートする銘柄としては美味しい値動きですが、恐らく空売りできないゆえの値動きなんですよね。

ちなみに貸借銘柄(ショートできる銘柄)への選定基準は以下の通りです。

JPX 貸借銘柄選定基準

なので、① ショートができる銘柄は限られていること。 を結論として記載したわけです。

次に仮に上記のような急騰した銘柄が貸借銘柄だった場合です。

ここでもまだ障壁があります。ショート可能な急騰し始めた銘柄でも、そのうちショートが入ってくるにつれ、貸株不足などで、売り禁止になったりします。高値圏で追加売りができないなんてことも…。自分が自信をもって、下がると思う場面では、他のみんなもショートしたいと思うのは当然ですね。よって状況次第では規制でショートができなくなることがあります。

次…

➁ ショートは他のトレーダーからポジションが見えてしまうこと。

信用残高って公開されてしまうんですよね。最低でも正確なものが、週1で公開されますし、条件によっては(日々公表銘柄等)は毎営業日公開されるわけです。JPX 信用取引残高等

発行済株数が少ない銘柄や浮動株が少ない銘柄などは特に注意が必要なのですが、ショートがたくさん入っているなら踏み上げたろ!!ってやる資金力のあるトレーダー、いると思うんですよね。(証明できるわけではないのですが、取引しているとなんとなく感じます…)

少しを挙げたいと思います。

ある銘柄が急騰しました。きっかけの材料は、従来のコンピューター処理と比較して、最大で100万倍近く高速化できるシステムの開発に着手したからです。

以下青字はショートするトレーダーが思うであろう気持ちを妄想で書きました。

いや~開発したわけではなく、着手しただけでしょ(笑)元々の株価250円から800円なんて上がりすぎ!こんなのすぐ下がる。過熱しすぎだしショートしよ。(@800円でショート)

数日後…

ええ、なんでこんなに上がるの!!(株価1,600円)

もう損切できないところまできてる…ナンピンも無理。

あと少しで追証だけど、多分株価は天井うったな。助かった…早く下がってください…。

数日後…

へ!?嘘でしょ?!まだ上がるの?(株価2,700円) もう強制決済される…終わった…。

最終的にはこうなります。(4,000円越え) 強制退場~。

今のは例で挙げました。(実際に存在する貸借銘柄ですが、当時貸借銘柄になっていたのかは不明です) 時に市場では今現在の企業価値から説明がつかない株価を付けることがあります。誰がぶち上げているのか、分かりませんが、信用残をみて仕掛ける人はいる気がします。ショートがステルスでできるならいいのにな…とよく思います。

いや、別に信用維持率を多めにして、ショートポジションを長めに持てば、いつかは大儲けじゃん?! と思う方もいるかもしれませんが、以下の要因により結構きついものがあります。

③ ショートは借り物で成り立つことから心理的な負荷がかかること。

6ヶ月で返済しなければならないことから、莫大な含み損を抱えながらタイムリミットが迫ってくるのは、かなり精神的にきつい事は容易に想像できます。私は含み損抱えてなくても借り物というだけで何か後ろめたい気持ちがあります(笑)また、ショートポジションを抱えているときは、ロングポジション以上に新たな材料が出ないか気になります。一番怖いのは高値でのTOB(全株取得)ですが、それ以外にも提携、新商品、上方修正などのポジティブな材料です。基本、企業は営利目的で日々稼働しているので企業価値が後退する材料より、前向きな材料が出やすいと思ってます。できればそれらに被弾することなく、さっさと株価が下がってEXITして株を返済したい…と思って取引してます。

④ ショートはロングには発生しないコストがかかること。

先ほどの急騰している場面では、ショートする人も増えるため貸株不足が発生します。逆日歩が発生し、日々保有しているだけでコストが発生します。もちろん休日の分もとられます…。

また、ショートした企業が運よくデフォルトした場合、リターンは最大で100%となります。(空売りの複利という方法もあるが、現実はほぼ不可能なため無視)

でも実際には100%なんて取れないんですよね。上場廃止が決まった後は信用買い残が減りますので、貸株不足になり、逆日歩が発生します。昨年、私が日本海洋掘削(1606)をショートした記事を出しました。結果、デフォルトし、上場廃止となりましたが、逆日歩は倍率10倍でMAXつきました。数十円で寄った後は高額逆日歩があるため、株価が1円になるまで悠長に待っていることは難しく、ある程度のところで妥協して買い戻す必要がありました。

ちなみに株価が短期間に倍になる(ロングすればリターン100%)銘柄は比較的頻繁に見かけるのに、理論上ショートすれば100%リターンが取れそうな、デフォルトする上場企業なんてほんの僅かです。そもそも、デフォルトしそうな銘柄でショートできる銘柄が少ない。大体は売り禁になってますからね。もしショート可能なデフォルト懸念のある会社を見つけて、その後期待通りにデフォルトしても、逆日歩もあるため、割に合わないな…というのが正直な感想です。

以上がショートポジションを長くもつことが難しい理由です。学生時代はロングで上げ相場でしか利益を獲れないなんて投資家としては不自然で、ショートで下げ相場も利益を取るべきだ!!と、まるで、買いの逆は空売りみたいに思っていたのですが、今はそうは思いません。空売りには貸株が必要という性質上、どうしても先述したようなことが起きるわけです。以前は貸株なしで空売りできた時代もあったみたいですけどね。(ネイキッドショートセリング) 

よって、空売りはロングより難しいと私は思ってます。(私が下手なだけかもしれませんが…)ただ、他のサイト見てもそのような趣旨を書いている人を何人か見つけました。

カラ売りが手出し無用の理由

信用買いは現物買いで代替することで、同じような経済効果(上昇時は利益になる)を得られますが、個別株の空売りは代替するものが無いですからね。よって、退場を防ぐためにも、私は以下を守るようにしてます。

・ 低時価の株のショートは特に注意する。

・ 損切を徹底する。

・ ロング以上に慎重にタイミングを選ぶ。

・ 長く売り建てすることは避ける。

・ マーケット全体の下げを狙うならベアETF等を使う。

でないと以下のような失敗をいつか自分もするような気がしてなりません。

株の空売りで3日で2千万大損!

米国 6日間で3000%高にトレーダー当惑

また、一番最初に載せた以下のチャートの急騰はenish(3667)という銘柄ですが、過去にショートで入り、丸焼けになった人いるみたいですね…。

enish空売り 損失

ちなみに先日、私はしれっとショート注目銘柄を出してましたよね。正直小型株だし、記載しようか迷っていた部分があるんです。

空売り注目銘柄 アルチザネットワークス(6778)

私は1,286円の株価でショート注目し、その後短期的に1,200円割れる旨、記載しました。結果5営業日後に、1,200円割れ。今現在では1,168円となってます。

記事的には当たりですが、途中で1日だけ1,300円を超える場面があり、私は損切しました。絶対あの内容なら1,200円割れる!!って自信はあったのですが、それこそ3,000円とかまで持ち上げられる可能性も否定できません。損切りしなければならないのはつらいですが、しょうがないですね。やはりショートは難しい…(と、私は感じる)

一方、今後ショート注目銘柄の記事を出さないわけではないのでご安心ください(笑)

以上

追記

過去に記事にした注目銘柄の投資パフォーマンス(含み益or損&確定分を含む)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

日本海洋掘削(1606) 空売り 記事記載日6/26

リターン:+94%(買戻し済み)

過去記事↓

6.12 海洋掘削空売り

6.23 海洋掘削逆日歩

6.25 海洋掘削値動き

6.26 海洋掘削買戻し

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

幸楽苑HD(7554) 空売り 記事記載日6/13

リターン :+6%(買戻し済み)

6.13 幸楽苑空売り

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

日本M&Aセンター(2127) 買い 記事掲載日6/14

リターン:-15% (売却済み)

6.14 日本M&A買い

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

田淵電機(6624) 空売り 記事記載日6/19

リターン:+55% (買戻し済み)

6.19 田淵電機空売り

6.27 田淵電機ADRについて

スポンサーリンク

6.28 田淵電機買戻し&株取引について

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

オリックス(8591) 買い 記事掲載日6/20

リターン:-3% (売却済み)

6.20 オリックス買い

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

鉄人化計画(2404) 空売り 記事掲載日6/30

リターン:+6% (買戻し済み)

6.30 鉄人化計画空売り

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

夢の街創造委員会(2484) 空売り 記事掲載日7/4

リターン:+3% (買戻し済み)

7.4 夢の街創造委員会空売り

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ブイ・テクノロジー(7717) 買い 記事掲載日7/10

リターン:-3% (売却済み)

7.10 ブイ・テクノロジー買い

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

エーザイ(4523) 空売り 記事掲載日7/12

リターン:+4% (買戻し済み)

リターン:+19% (買戻し済み)

7.12 エーザイ空売り

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

フィンテックグローバル(8789) 買い 記事掲載日7/17

リターン:+3% (売却済み)

7.17 フィンテックグローバル買い

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

アイケイ(2722) 買い 記事掲載日7/24

リターン:+1% (売却済み)

エスプール(2471) 買い

リターン:+3% (売却済み)

串カツ田中HD(3547) 空売り

リターン:+2% (買戻し済み)

ネオス(3627) 空売り

リターン:-3% (買戻し済み)

7.23 複数銘柄の売買掲載

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ネオス(3627) 買い 記事掲載日7/24

リターン:+21% (売却済み)

7.24 ネオス買い

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

トレードワークス(3997)買い 記事掲載日8/20

リターン:+8% (売却済み)

トレンダーズ(6069) 買い

リターン:+3% (売却済み)

リターン:-11% (再in 売却済み)

トレードワークス(3997)、トレンダーズ(6069) 買い

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ネオス(3627) 買い VOL2 VOL3 記事掲載日9/4、10/14

リターン:+18% (売却済み)

リターン:+71% (再in 9月27・28日  売却済み)

リターン:+5% (再in 10月26日  売却済み)

9.4 ネオス買い

10.14 ネオス買い

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

大森屋(2917) 買い  記事掲載日9/13

リターン:-4% (売却済み)

9.13 大森屋買い

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

SEMITEC(6626) 買い  記事掲載日10/10

リターン:+12% (売却済み)

10.10 SEMITEC 買い

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ネオス(6626) 買い VOL4  記事掲載日11/6

リターン:+18% (売却済み)

リターン:+13% (再in 11月14日 売却済み)

11.6 ネオス買い

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

SEMITEC(6626) 買い  記事掲載日11/13

リターン:+9% (売却済み)

11.13 SEMITEC 買い

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

アルチザネットワークス(6778) 空売り  記事掲載日3/11

リターン:-5% (買戻し済み)

3.11 アルチザネットワークス 空売り




ツイッターでも色々つぶやいてます
 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. さとちん より:

    いつも参考にしてます。ショートが好きなんですが、肝に命じてトレードします。
    この先行きの不透明な時代、ショートに重きを置いてると、昨日のダウのように落ちてきても安心感があるんですけどね。

    • ニ~ノ より:

      さとちんさん

      こちらこそ読んでいただきありがとうございます。
      私もショートが好きというのは何となくわかります(笑) 
      世間では株は上がればもうかるものだと思っていますからね。
      皆楽観的な中、ショートを仕込み、いざ暴落が始まればみんなが損する中、
      自分の資産が増える感覚は、してやったりって感じがします。
      ショートも使いようですね。
      お互い腕を磨いて、市場で生き残りましょう。

      みんぴよ